RSS配信用ファイルの作り方

下準備:テンプレートをダウンロード

自分のサイトでRSSを配信するのは割と簡単です。
まずは以下からテンプレートになるファイルを、適当な名前で保存します。

sample.zip

保存したファイルを適当なテキストエディタで開きます。
(メモ帳でも開きます…たぶん…)
内容は以下のようなものです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<rss version="2.0">
  <channel>
    <title>サイトの名前</title>
    <link>サイトのURL</link>
    <description>サイトの説明</description>
    <lastBuildDate>Sun, dd Jun 2008 hh:mm:ss +0900</lastBuildDate>
    <item>
      <title>新着情報2</title>
      <link>新着情報2でリンクするURL</link>
      <description>新着情報2の簡単な内容(文章の書き出し、まとめなど)</description>
      <pubDate>Sun, dd Jun 2008 hh:mm:ss +0900</pubDate>
    </item>
    <item>
      <title>新着情報1</title>
      <link>新着情報1でリンクするURL</link>
      <description>新着情報1の簡単な内容(文章の書き出し、まとめなど)</description>
      <pubDate>Sun, dd Jun 2008 hh:mm:ss +0900</pubDate>
    </item>
  </channel>
</rss>

サイトの情報を書き換える

まずは、サイト全体の情報を書きます。
図書対情報部だと以下のようなカンジ。

    <title>図書対情報部</title>
    <link>http://rune.sakura.ne.jp/library_rss/</link>
    <description>図書隊情報部では図書館戦争コンテンツのあるサイトのRSSを取得して表示しています。</description>
    <lastBuildDate>Fri, 13 Jun 2008 18:30:00 +0900</lastBuildDate>

<title>、<link>、<description>は簡単ですが、<lastBuildDate>だけ、サンプルと同じ形式で書かなければならないので注意です。
曜日、月は英語表記のあるカレンダーを参考に。
時間は時間:分:秒まで書きます。最後に日本時間を世界標準時になおす「+0900」をつけ忘れないように注意してください。

ここまでは一度設定したら、基本的にそのままです。
サイトの説明文を変えることがあるくらい。

更新ごとに追加・修正する部分を書き換える

毎回の更新ごとに変更する部分はサンプルでは2回分ありますが、2回目のは追加していく際の参考です。
1回分の更新で追加・修正するのは以下のブロック。

    <item>
      <title>新着情報1</title>
      <link>新着情報1でリンクするURL</link>
      <description>新着情報1の簡単な内容(文章の書き出し、まとめなど)</description>
      <pubDate>Sun, dd Jun 2008 hh:mm:ss +0900</pubDate>
    </item>

これが更新ごとのひとカタマリです。
ここに毎回の更新内容とそのリンク先を書き込みます。

    <item>
      <title>小説系にサイトを追加しました</title>
      <link>http://rune.sakura.ne.jp/library_rss/novel.html</link>
      <description>小説系に×××様、○○○様を追加しました。</description>
      <pubDate>Fri, 13 Jun 2008 18:30:00 +0900</pubDate>
    </item>

こんなカンジ。
更新情報の部分は<item>〜</item>の中に書かなければならないので、
そこだけ注意です。

完成したファイルをサーバにアップロード

出来上がったファイルは普通のhtmlファイルなどと同じようにサーバにアップロードします。

トップページなどにxmlへのリンクを追加

RSSを配信していることを周知するためにも、トップページなどの<head>〜</head>の中に、以下のタグを追加します。

<html>
<head>
<title>サイトのタイトル</title>
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="ファイル名.xml" />
</head>

ファイル名部分は自分のつけたファイル名に変更してください。
こうすることで、RSSリーダーの機能のあるブラウザ(IE7、Firefox)でRSSを配信していることがひと目でわかるようになります。

更新した内容をRSSに追加していく

RSSは更新履歴みたいなものです。
更新するたびにその内容を追加して、RSSを取得している人に更新があったことを知らせることができます。
新しい内容を追加していくとき、注意するのは前回のブロックの上に追加していくこと。
基本的にそれさえ守っておけば簡単に更新できます。

最後に参考までに、2回目の更新内容まで追加したこのサイトのRSSファイルの中身を公開。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<rss version="2.0">
  <channel>
    <title>図書隊情報部</title>
    <link>http://rune.sakura.ne.jp/library_rss/</link>
    <description>図書隊情報部では図書館戦争コンテンツのあるサイトのRSSを取得して表示しています。</description>
    <lastBuildDate>Fri, 13 Jun 2008 22:30:00 +0900</lastBuildDate>
    <item>
      <title>RSS配信テンプレートと作り方公開</title>
      <link>http://rune.sakura.ne.jp/library_rss/make.html</link>
      <description>RSS配信用のテンプレートとファイルの編集方法をアップしました。</description>
      <pubDate>Tue, 17 Jun 2008 23:30:00 +0900</pubDate>
    </item>
    <item>
      <title>図書隊情報部を公開しました</title>
      <link>http://rune.sakura.ne.jp/library_rss/</link>
      <description>図書隊情報部サイトを公開しました。</description>
      <pubDate>Fri, 13 Jun 2008 22:30:00 +0900</pubDate>
    </item>
  </channel>
</rss>